駅近のゴルフ場が評判

私は、葛西のゴルフ練習場に通っていたのですが、、あれは車じゃないと厳しいですよね。葛西駅や西葛西駅、葛西臨海公園からは少し離れていますし、荷物も多いから。

近頃、駅近のゴルフ場が評判です。

業務帰りに打ちっぱなしをやりたいという練習目的の人が駅近のゴルフ練習場をよく活用しています。

さらに、コースのあるゴルフ場も、接待や日帰りで楽しむため駅近が好まれる事が多々あるです。

とくに都市部では、車通勤よりも電車やバスなどの使用が多々あるので、駅近がなにより役立つで良い前提になるのです。

駅近といってもどれほどのキョリが駅近になるのでしょうか。

電車通勤の方はその沿線付近の駅近ゴルフ場を好むでしょうし、少々お金がかかってもタクシーなどで移し変え可能な程度のキョリであればかまわないという方もいます。

ゴルフは紳士のスポーツなので、ゴルフ場へ行く置き換えのときにも紳士的な行動を心がけたいものです。

それが暗黙の了解になっている施設もあります。

タクシーを活用して行ける距離であれば、運転もタクシ―運転手さんにお任せでき、心を落ち着けてゴルフ場まで置き換えできますね。

企業や我が家の最寄駅から1駅2駅くらいであれば、電車を使用しても苦にはならないでしょう。

同じ沿線なら乗り換えもなくスムーズなので、沿線付近の駅近ゴルフ場は参考にしておくといいでしょうね。

ただ、さきほども言ったとおりゴルフは紳士的な態度が求められるスポーツ。

電車内で荷物を拡げたり周囲の嫌がらせになるような行為はゴルファーとしての品位を欠く行為になります。

気をつけましょう。

たとえ練習であっても同じです。

いつもの気軽な感じの動作がコースを回っている時に出てしまいます。

プレー中だけ紳士を気取っても、それは持て余すものです。

「この人とは共に回りたくないな」なんていい年をしたオトナが思われたら、超絶気恥ずかしいものです。

ゴルフは接待にもよく使われますが、目上の人がいる場ならなおさらゴルフ以前に所作が問われます。

ゴルフ上達法で参考になる練習法やスイング理論が勉強できるサイト⇒柳原博志のゴルフスイング革命についてはこちら

公共交通組織やタクシーなどを活用する事例の態度から正していきたいものです。

なんでゴルフ場の話なのにこんな道徳的な事ばかり・・・と思われがちですが、素人が思うよりもどんどんゴルフは礼儀作法や礼節を大事にしています。

私も「ゴルフは紳士のスポーツ」という事はあたまでは習得していましたが、調査してみると結構エチケットについては困難なようで驚いてしました。