輸入転売は、商品を海外から輸入して日本国内で販売し大幅な利益を得ることも可能なビジネス

輸入転売とは、その名の通りアイテムを外国から輸入して日本国内で提供する事を言います。

輸入の場合の仕入れ代金から国内で売上代金の差額が利益となります。

輸入して提供するというと、俗に会社が行うものという心象を持たれる方も多々あると考えます。

けれども近頃は、インターネットがかなり拡大した事で、個人でも輸入転売を行う事ができるとなっています。

このところでは、在宅で輸入転売をする人が増加しているそうです。

輸入転売にも色々な形態があります。

先程も述べたように、インターネット上で仕入れて提供もインターネット上で行う、インターネット上での完結型。

せどり参考サイト:http://ブランニューせどり.xyz/

他には仕入れはインターネット上だとしても、日本国内にお店を構えて提供はお店で行うという提供店型。

あとは輸入したアイテムを会社へ供給するBtoB型などがあります。

実お店を構える提供店型の事例、輸入転売するのに必要になる経費には次のようなものがあります。

アイテムの仕入れ代金、輸入送料、関税、支出税、お店の家賃、維持費、水道光熱費、人件費、広告告知費、倉庫代。

これがインターネット上の完結型では次のようになります。

アイテムの仕入れ代金、輸入送料、関税、支出税、人件費。

このようにインターネット上ですべて完結させるとショップに必要になる経費を削減できて、不可欠最小限のコストで輸入転売を行う事ができます。

けれども忘れていけないのがインターネット上でもストア料のようなものがかかります。

それは仕組み活用料です。

オークションWebページや、巨大資本のオンライン店舗のWebページを活用する事例には、体系使用料や提供値段の何パーセントかを支払う提供手数料などがかかります。

無論実ショップに必要になる家賃や水道光熱費などに比べればかなりお安価にはなります。

ただしインターネットを使えば、全く総額がかからないという事はないのですので用心してください。

もう1つ実お店を持つ上で大きなコストとなるのが、倉庫代です。

倉庫を借り入れるのに月次レンタル料がかかります。

ストアを構えるのに店舗にアイテムが少ないようでは喜びな売り上げも見込みできませんから、水準を満たすまで整理てアイテムを仕入れて在庫を保管しておく必須があります。

一方インターネットで行う事例には、売れそうなアイテムだけを仕入れて、それを直ちにに売れば手元にアイテムを永い間保管する必須はないので大きな倉庫を借りる不可欠もないのです。

インターネット上でも、マージンがとられる一流企業のWebページなどを使用しなくても個人でWebページを開放して提供するというメソッドもあります。

自身の好きなように、好きなアイテムを提供して、手数料もかからず独自ブランドを作っていけるという長所があります。

けれどもこの事例、集客するためにかなり広告PR費をかけて、リピーターを集めるまでにかなりの時もかかってしまいます。

その点、高評価オークションWebページや巨大資本のオンラインお店を使用すれば、告知して集客する不可欠もないのですのでその分の総額がかかりません。

輸入転売を行うには、このように色々な形態があり、各々に良いところ、悪い面があるのです。